PROFILE
LINKS
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
LATEST ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
CATEGORIES
OTHERS
SEARCH

スポンサーサイト
- / スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - |
pagetop
いつか眠りにつく前に
映画 / あつみまさこ
女の人生、というものを考えさせられた映画でした。

いつか眠りにつく前に

晴れやかな時、きらきらと輝いていた時、明るい未来を信じていた時、
そしていつかあきらめる時、うなだれる時、ままならない現実にいら立つ時、
新しい扉を開くことへの恐れ、自分の信じている幸せへの疑念、
死ぬ間際まで秘密にしていた後悔

いろいろな世代の女性が出てくるけれど、
全てが自分のような気持ちになりました。
そして母のような気持ちにもなりました。
 
こちらは海外版のポスターなのでしょうか?
この静かな海を漂う一艘の船、というイメージは
登場する女性たちの人生を象徴しているような美しさです。
| comments(0) | trackbacks(0) |
pagetop
梅雨の鬱々さを増幅させる映画
映画 / あつみまさこ
 
ヴィム・ヴェンダースpresents Rain

雨音を聴きながら、BGMのような映画を見る
しかもスクリーンの中も雨・・・

雨のクリーブランドの人々を追った群像劇、なのだけれど・・・
なんとなく映像も音楽もそれぞれの人生、ストーリーも鬱々としていて
真剣に向き合ってしまうとドーンと肩が重くなってしまいます
多分、BGMのように何気なく空間に置いておく映画、
というスタンスがよろしいかと

私、雨に対してはどっちかというと「雨に歌えば」みたいに
ちょっと明るいイメージが好み
スキップしたくなるような
赤い傘とレインコートとか
ウキウキしながら誰かを待つ、とか
| comments(0) | trackbacks(0) |
pagetop
君に読む物語
映画 / あつみまさこ
こちらも最近見た映画

「君に読む物語」
けっこうロマンチックというか、純粋な恋愛映画だと思います
 
この白いお家がけっこう重要なアイテム
描かれる風景が素晴らしく美しいです
湖にボート、白鳥のシーンはためいきものです
| comments(0) | trackbacks(0) |
pagetop
チャイコフスキーが好きになる
映画 / あつみまさこ
ちょっと前に見た映画ですが「オーケストラ」
 
これ見てるとチャイコフスキーがめちゃくちゃカッコよく聞こえる
チャイコフスキーのPVみたい
ていうかチャイコフスキー聴きに行きたい・・・
| comments(0) | trackbacks(0) |
pagetop
食わず嫌いはいけませんね
映画 / あつみまさこ
リオが知り合いのお宅で見て、おすすめと言っていた映画

アイアンマン

4月の間に1と2の両方とも見ました
いや〜、期待していなかったのですが、無茶苦茶よかったです

単純なヒーローもの

みたいに考えていたのですがちょっと哲学的でもあり、

主役(ロバートダウニーJr)がカッコよくもあり

ハマっちゃいました
先日テレビでちらっとみた「スパイダーマン」も
なんだか哲学的で、私のヒーローものに対する意識が変わってきてます

特にアイアンマン2の冒頭、エキスポ開会宣言の中の
「俺のことはどうでもいい、今生きている人現代のことはどうでもいい
大事なのは未来、これからの人のこと」
というような内容と
親子の絆、命のつながり、未来の子供たちに残し、託すこと
という大きなテーマが
私の生きていくうえでの指針にどんぴしゃにハマり、
ちょっと涙してしまうほどでした

| comments(0) | trackbacks(0) |
pagetop
高畑勲について
映画 / あつみまさこ
テレビではジブリ祭り?でいろんなジブリを放送していますが、
私が最近興味を持ったのがこれ
 
王と鳥

フランスの古いアニメーション映画なのですが
ジブリの宮崎駿さんはじめ
多くのアニメーション制作者のベースとなっている作品なんです

私はその中でも高畑勲さんが思想的にこの作品に影響を受けていると聞き、
ぐぐっと興味を持ったのです

高畑さんのお名前を意識するようになったのはつい最近
好きなアニメを並べたら彼の手がけたものばかりだったから
「じゃりン子チエ」
「おもひでぽろぽろ」
「セロ弾きのゴーシュ」
「キリクと魔女」というヨーロッパのアニメ映画では
日本語版制作のために尽力しています

ある程度読み終えたタイミングで映画自体も見ました
たしかに宮崎監督映画にはビジュアル的に多大な影響を与えていると感じました
ただストーリー的にはちょっとわかりにくいし、
とっつきにくさはあるかもしれない
フランスっぽいエスプリの効いた動き、表情、台詞の数々

でも「よく考えさせられる作品」として、これはまさにアート
若者が自分の好きな現代ミュージシャンから音楽のルーツをたどっていくように
映画のルーツをたどってみるのも夏休みの宿題の一つに良いかもしれません
| comments(2) | trackbacks(0) |
pagetop
今年一番の映画に出会い
映画 / あつみまさこ
リオが何気なく(いいかも)と手に取った映画が今年一番の掘り出し物!
「遠い空の向こうに」
原題は「October Sky」
これは原作「Rocket Boys」のアナグラムになっています

この「Rocket Boys 」は自伝で、
つまりこの映画は実話をもとにした映画なんです

ロケット作りに奮闘する物語ですが、色々な要素が含まれています
男の友情
先生と生徒
親子の対立、葛藤、受容
炭坑町の社会との断絶感
夢への歩み(周りを巻き込み、協力を受けながら叶えていくこと)

あまりにも良いので、原作を借りてきました
 
作者がこの映画の主人公
のちにNASAのエンジニアとなり、見事ロケットを作る夢を叶えました

「コンタクト」、「BACK TO THE FUTURE」もリオに教わって大好きになった私
なんとなく宇宙とか時空を超えるとかそういった映画が多い気がします
今回も本当に良すぎる映画です
リオの新作製作のベースになるかもしれませんから
ぜひご覧ください
| comments(2) | trackbacks(0) |
pagetop
シャネル
映画 / あつみまさこ
 
今日は友人のだいちゃんと映画鑑賞
お互い気になっていた映画「ココ・シャネル」を観に有楽町へ

シャネルに関しては半年くらい前に興味を持ち
数冊の本を読んでいたので、その生涯の大まかなところは知っていた
けれど本で知る知識と目で見る知識は違った特徴を持ち、
特にファッションについて再現されているのはとっても興味深かった

シャネルスーツをはじめパール、帽子、アクセサリーの使い方
リトルブラックドレス誕生のいきさつ
ジャージースタイルのかっこよさ、当時の街中でどんな存在だったか
ロゴの生まれた流れ
シャネルの5番という定番の香水の名前の由来

最近ビンテージ好きの私としてはたまらない映画でした

会場もほぼ満員
やっぱり女性の方が多かったかな?
年配の方や外人さんも多かったです
| comments(0) | trackbacks(0) |
pagetop
この映画はお菓子携帯必至
映画 / あつみまさこ

ソフィアコッポラの「マリーアントワネット」です

ここ数カ月でガーリー気分熱の高まっている私には
たまらない世界観です
お洋服や靴、宮殿、庭のきらびやかさとガーリーな色彩美
おいしそうなお菓子の数々

これはお菓子片手に見なくちゃ駄目!
で、無理やりお菓子入れ漁って見たけど、
ビスコぐらいしかない・・・ビスコ
ちょっと不本意なので、ソイラテとともに雑用しながら軽く鑑賞

近日中においしいお菓子と共にどっぷり浸ってやる〜
その時はマカロンは絶対欲しいな
あとなぜだか急にモンブランが食べたい気分
ドリンクは紅茶?カフェラテ?それとも・・・シャンパン!?

女の子集めて、お菓子やドリンクやお花を買い集めて
即席ヴェルサイユ宮殿仕立てで映画鑑賞も素敵

妄想に浸りながらビスコボリボリしていたら、
リオがお菓子を一個くれました
いただきものらしいのですが、ピスタチオのサクサクお菓子で
めちゃくちゃおいしい〜


 
| comments(0) | trackbacks(0) |
pagetop
私の好きな俳優
映画 / あつみまさこ
私の好きな彼が
日本の役者さんたちと映画に出ているというじゃありませんか?!
彼とは・・・

ゲイリーオールドマンです

きゃ〜かっちょいい〜
彼の演じる「キレた」「繊細な」狂人っぷりが好きです
私は映画に詳しくもないし、映画館に通う人間でもありませんが
彼が出ているとけっこう嬉しい・・・

噂の映画の評判は(ゲイリーオールドマンはすごいけど・・・)
といった感じらしく、見に行くべきか悩みます

だってこの春は見たい映画が目白押しなんですもの

こちらはショーンペンの「ミルク」
彼も好きな俳優の一人です

そういえばひとつ前の日記に書いた
「まっすぐすぎて、ブレーキ効かないところも彼の才能」
は、ショーンペンにも当てはまるかもしれません

私は
才能のある人を凡人と同じ判断基準で見てはいけないと思っています
神様から選ばれた人は限られています
与えられたするどい感性が花開き、
作品として昇華(消化ともいえる)できるかは
本人の努力だけでなく、適切な環境、出会い、運、ご縁が必要です

うーんむずかしくなってきたからこんくらいでおしまい
続きを話したい方はあつみまさこと呑んでください!

最後にもうひとつ見たい映画

クリントイーストウッドの「グラントリノ」
なんとなくテーマがリオの「ホタル」に近い気がして
早く見て、感想書いてみたい映画です 
| comments(0) | trackbacks(0) |
pagetop
| 1/2 | >>

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--